第29回 コンテンツの「ストック」と「フロー」とは?

日々、SNSやブログの更新、動画のアップ、メルマガ発行などコンテンツづくりをしている中で、「コンテンツの性質」とそれぞれのメリット、デメリットを理解してやっているでしょうか?

コンテンツの性質とは、大きくは「ストック」と「フロー」に分かれます。

「ストック」はコンテンツが蓄積されていくことで価値が上がるもの。
「フロー」はストックの逆で、短期的に求められて情報の鮮度に価値があるもの。

長期的なアクセスが見込めるストック型と短期的なアクセスが見込めるフロー型、どちらに力を入れるべきか?
これらを考えて情報発信していくことが成功のカギとなります。

それぞれの特徴とWEBメディアの活用の仕方など、コンテンツづくりや情報発信のヒントをお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第28回 不安を解消すれば売れる

売るためには魅力的なコピーやデザインにすることも重要ですが、「不安」がブレーキになって購入に踏み切れないことがあるという事実は意外と忘れがちです。

「見込み客はどんな不安を抱いているのか?」

何が不安なのかを分析して改善してみることをお勧めします。
今回は不安要素を見つける方法、意外なコトも不安に感じているという話を実例を交えてお伝えします。

不安要素を1つでも多く取り除けば、それだけで売れる確率は高くなるので今回のエピソードを参考にしてみてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第27回 次の行動は何ですか?

WEBページやメルマガなど、コンテンツを作って終わりになっていませんか?

それを見てくれた人にどうしてほしいのか?を考えて次の行動(ネクストアクション)を促してあげるだけでコンバージョンや売上が変わります。

今回は、そのための具体的な考え方や方法、どのように改善していけばいいのかもお伝えします。

ぜひ、あなたのメディアでの「ネクストアクション」を考えて実践してみてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第26回 効果的な学習方法は変わる/あなたはどっちのエスカレーターに乗るか?

■効果的な学習方法は変わる

「英語を学びたい」と思って色々な学習方法を試しても、はたしてそれが効果的なのかどうか?
と不安になったりイマイチ学習効果を実感できない、、なんてことは良くありますよね。

語学以外でもすべて「目的によって効果的な学習方法は変わる」というお話。
(最新の電子辞書のレビューもあります)

■あなたはどっちのエスカレーターに乗るか?

会社を設立して間もない、上手くいってるとは言えない頃に出会った話。
この話を知ることができなかったら、今の当社は無かったかもしれません……

それは、

下りのエスカレーターに乗るか?
上りのエスカレーターに乗るか?

ここで言うエスカレーターとは「ビジネス」のことで、
「今、どちらのエスカレーターに乗っているか?」を知ることで未来が大きく変わります。

エスカレーターを乗り換えた渡辺の体験談と乗るべきエスカレーターの考え方をお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第25回 ヨーグルトのフタからの気づき/見込み客の○○から改善ヒントをいただく

■ヨーグルトのフタからの気づき

カップで売られているヨーグルト。
最近のものはフタの裏にヨーグルトが付いていないことにお気づきですか?

潜在的にあった問題をどのように解決したのか?
そこから得られた気づきを紹介します。

 

■見込み客の○○から改善ヒントをいただく

どんなビジネスでも必ず「見込み客」と言われる人たちがいます。
見込み客とは「顧客になる見込みがある人」です。

見込み客を明確にして集めることがマーケティング。
そして、集めた見込み客に対して売っていくことがセールス。

見込み度の高い見込み客をたくさん集めて継続的にセールスしていければビジネスは成長して安定します。

それだけビジネスでは見込み客の存在が重要。
見込み客をしっかりと理解してマーケティングやセールスだけでなく、商品やサービスにもフィードバックして改善していくことが大切です。

そのためには、見込み客が抱える「あること」に隠されたヒントを改善に生かすこと。

今回はかなりパワフルでインパクトがあり、売上に直結する改善方法をお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第24回 「ただする」の境地/成約率が上がるフォーム、下がるフォーム

■オープニングトーク:「ただする」の境地

2人の小さなお子さんを連れたお母さんが電車に乗ってきた。
座っていた席を譲ろうと立ち上がったが、まさかの展開に…

日常の様々なシーンで使える、生きやすくなるマインドセットをご紹介。

 

■メインテーマ:成約率が上がるフォーム、下がるフォーム

登録フォームを作成する際、入力項目の種類や数が成約率に影響することを意識していますか?

フォームの入力項目にはメールアドレスは必須。
これがないと見込み客や顧客とコンタクトが取れません。

では、それ以外の項目はどうでしょうか?
情報はできるだけ欲しいけど、それで成約率が下がってしまっては本末転倒です。

今回はどうすれば成約率を下げずに必要な情報を取得することができるか?
具体的な例を交えてノウハウをお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第23回 たった数文字で売上が変わるマイクロコピーとは?

コピーライティングのスキルがなくても、「たった数文字」の言葉を変えるだけで、WEBの反応率や売上を変えられることを知っていますか?

それを「マイクロコピー」と言います。

マイクロコピーは至るところにあるのでテストもしやすく、数文字を入れ替えただけで反応率が1.5倍になったという事例もあるほどです。

今回は、マイクロコピーの実際の事例から最大限に活用して売上拡大に繋げる方法をお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第22回 欲しくなかったのに買ってしまうレコメンドの威力

誰かに勧められて急に欲しくなってしまうことはありませんか?
尊敬している著名人が勧めている本や、Amazonのレコメンド機能で出てきた商品を思わず買ってしまうなど、レコメンド(お勧め)の力は偉大です。

人は全く欲しくなかったのに何かをきっかけに欲しくなることがあります。

「自分の顧客にはどんな課題があるのか?」などを連想ゲームのように考えていくと、新商品やサービスのアイデアにも繋がっていくのです。

今回は『購買意欲が湧く関連商品の生み出し方』や、具体的なアイデア出しの活用法もご紹介します。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第21回 メルマガは○通目がめっちゃ重要!

メルマガやステップメールでも一番重要なのは何通目だと思いますか?

高確率で読んでもらえて、今後の成果が大きく変わるメールなのですが、あまり気にせずに書いている人も多いので非常にもったいないです。

今回は『メルマガやステップメールで○通目に送る内容例』と『次のメールに繋げるコツ』をお伝えします。
また、購入直後にできるセールスオファーの活用法もご紹介します。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第20回 ステップメールは何通送るのがいいのか?

「ステップメールは何通送ればいいのですか?」という質問を良くいただきます。

巷には「ステップメールは何通送ると良い」というノウハウもあるので参考にしてもらえばいいのですが、

実は、

【何通送るのがいいのかは、用途や対象によって違います】

「何通送らなければならない」という思い込みがあるとその枠組の中でしか考えられなくなり、無理が出る場合もあるので無くした方が良いです。

「どんなタイミングで」「どんなメッセージを送るか」を積み上げることで、ステップメールの適切な送信数が必然的に分かってくるのです。

そこから効果的な「シナリオ」を設計することができます。

人は忘れてしまう生き物。忘れられずにフォローするにはどうしたらいいのか?
ステップメールを用いた継続的なコミュニケーションを自動化する方法や「シナリオ設計」について、事例を交えてお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357