第35回 自宅にいながら生産性を高めて新たなビジネスチャンスを生み出す方法

コロナの影響もあってリモートワークが一般的になりました。
起業して一人で仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

自宅だと家のことをやってしまったり、気が散って環境的になかなか集中できない。
カフェもお店によるけどメインの仕事場として使うのは厳しい。
仕事以外のコミュニケーションも激減し、寂しさや孤独を感じている人も多いと思います。
さらに、仕事の成果も上がらず落ち込んでしまったり…

集中できる環境がないと仕事の生産性はガタ落ちになってストレスも溜まる一方ですが、、

自宅にいながら仕事の生産性を高めて、新たなビジネスチャンスまで生み出せてしまう方法があります。

今回はメリット盛りだくさんの「オンラインコワーキングスペース」についてお伝えします。

リモートワーカーや一人起業家の方は必聴です!

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第34回 常識を疑い、脇役を主役にしてバカ売れ

ローソンストア100で販売している200円の「ウインナー弁当」がバカ売れして、発売当日からSNSでも話題になりました。

このお弁当、おかずはなんと「ウインナーのみ」。

家庭の弁当にもコンビニ弁当にもウインナーは入っているけど絶対にメインになれない具材。
それをメインにしたら面白いんじゃないかと開発者の林さんは10年かけてプレゼンして商品化に漕ぎつけました。

ニーズも大事だけど、売り手がこだわりを持つことも大事。
ウインナー弁当のように全く新しいものを作らなくても、今ある「脇役的な何か」を主役に抜擢したら、面白い商品やサービスが作れるかもしれません。

常識や思い込みを打ち破って、あなたのビジネスにも応用してみてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

 

第33回 たくさん集まると売れるようになるもの

クラウドファンディングでの資金調達や新製品を販売することが一般的になってきました。
色々なプロジェクトが立ち上がって盛り上がりを見せています。

一瞬で目標額を達成するものもあれば、そうじゃないものもあります。
成否を分ける、その違いは何でしょうか?

これはクラウドファンディングに限った話ではなく、
私たちのビジネスにも応用できる大切な成功要因となります。

今回は、実際のクラウンドファンディングの事例から
ビジネスの質を変えて、売れるようになるヒントをお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

 

第32回 数百万円のテープレコーダーを買う人は誰か?

1950年、ソニーは日本初のテープレコーダーを発表しました。
重さは35キロ、価格は17万円。当時の大卒の初任給が1万円程度なのでかなりの高額品。

創業者の一人である盛田昭夫さんはテープレコーダーを売るためにデモに奔走。
どんなに良さを説明しても1台も売れませんでした。

それが「あるところ」に持っていったら一瞬で20台も売れたのです。

「顧客は誰か?」

そこを見定めることが重要です。

作りたいものを作って売ることを「プロダクトアウト」と言い、
その逆、顧客のニーズを優先して商品開発することを「マーケットイン」と言います。

ソニーの例のように革新的な製品を作って世の中に認められて成功するケースもありますが、リスクが大きい。
かと言って顧客にばかり目を向けると方向性がブレたり新しい発想を生み出すのが難しくなります。

今回はその解決策となる考え方をお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第31回 ビジネスは連想ゲーム

Amazonで「欲しくなかったのに買ってしまった」という話を以前Podcastでしましたが、紹介されるものが直接的に関連のないものでも買ってしまうのはなぜなのでしょうか?

それは、直接的に関連がなかったとしても「関心」はあるものだからです。
ではどうやって顧客の関心を見つけていくことができるでしょうか?

AIとかビッグデータとかを活用すればできるだろうけど、それは難しい。
私たちにできる最も簡単な方法は「連想ゲーム」をすることです。

今回は、自分たちの商品・サービスを買ってもらいやすい人を明確にして、悩みやニーズから関心を見つけて連想していく方法をお伝えします。

この連想ゲームをすることでビジネスのブレイクスルーが生まれるかもしれません。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第30回 何度もおいしいメルマガ

前回はコンテンツのストックとフローについてお伝えしました。
メルマガは両方の側面が無くはないですが、「フロー型」のコンテンツ。
配信してすぐは反応が取れますが、長期的には反応を取るのは難しいものです。

なので継続して配信を続ける必要があるのですが、、、
メルマガのコンテンツをストック化して、長期的にアクセスや反応を得る方法があります。

今回は「メルマガをフローからストックに変える方法」をお伝えします。
日々のメルマガ配信のモチベーションも上がるこのノウハウを活かしてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第29回 コンテンツの「ストック」と「フロー」とは?

日々、SNSやブログの更新、動画のアップ、メルマガ発行などコンテンツづくりをしている中で、「コンテンツの性質」とそれぞれのメリット、デメリットを理解してやっているでしょうか?

コンテンツの性質とは、大きくは「ストック」と「フロー」に分かれます。

「ストック」はコンテンツが蓄積されていくことで価値が上がるもの。
「フロー」はストックの逆で、短期的に求められて情報の鮮度に価値があるもの。

長期的なアクセスが見込めるストック型と短期的なアクセスが見込めるフロー型、どちらに力を入れるべきか?
これらを考えて情報発信していくことが成功のカギとなります。

それぞれの特徴とWEBメディアの活用の仕方など、コンテンツづくりや情報発信のヒントをお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第28回 不安を解消すれば売れる

売るためには魅力的なコピーやデザインにすることも重要ですが、「不安」がブレーキになって購入に踏み切れないことがあるという事実は意外と忘れがちです。

「見込み客はどんな不安を抱いているのか?」

何が不安なのかを分析して改善してみることをお勧めします。
今回は不安要素を見つける方法、意外なコトも不安に感じているという話を実例を交えてお伝えします。

不安要素を1つでも多く取り除けば、それだけで売れる確率は高くなるので今回のエピソードを参考にしてみてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第27回 次の行動は何ですか?

WEBページやメルマガなど、コンテンツを作って終わりになっていませんか?

それを見てくれた人にどうしてほしいのか?を考えて次の行動(ネクストアクション)を促してあげるだけでコンバージョンや売上が変わります。

今回は、そのための具体的な考え方や方法、どのように改善していけばいいのかもお伝えします。

ぜひ、あなたのメディアでの「ネクストアクション」を考えて実践してみてください。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357

第26回 効果的な学習方法は変わる/あなたはどっちのエスカレーターに乗るか?

■効果的な学習方法は変わる

「英語を学びたい」と思って色々な学習方法を試しても、はたしてそれが効果的なのかどうか?
と不安になったりイマイチ学習効果を実感できない、、なんてことは良くありますよね。

語学以外でもすべて「目的によって効果的な学習方法は変わる」というお話。
(最新の電子辞書のレビューもあります)

■あなたはどっちのエスカレーターに乗るか?

会社を設立して間もない、上手くいってるとは言えない頃に出会った話。
この話を知ることができなかったら、今の当社は無かったかもしれません……

それは、

下りのエスカレーターに乗るか?
上りのエスカレーターに乗るか?

ここで言うエスカレーターとは「ビジネス」のことで、
「今、どちらのエスカレーターに乗っているか?」を知ることで未来が大きく変わります。

エスカレーターを乗り換えた渡辺の体験談と乗るべきエスカレーターの考え方をお伝えします。

 

■株式会社ビズクリエイト:https://biz-create.com
■ご縁を育むメール配信システム「オートビズ」:https://autobiz.jp

■ご質問フォーム: https://24auto.biz/powerbiz/regires.php?tno=357